独立してビジネスすることが可能になる資格3選!

Posted by , 2015年7月8日

法律の専門家である弁護士資格で独立!

ビジネスとして独立できる資格を考える場合には、企業が顧問契約をするような専門家をイメージするといいでしょう。企業との顧問契約がとれることが独立後のビジネスを安定させるキーポイントとなります。独立できる資格としてすぐ思いつくのは弁護士ではないでしょうか?弁護士は法律の専門家で、法律事務所を構えて独立して仕事をしているケースも多いです。もちろん法人化している場合もありますが、独立開業の可能性という切り口で考えると弁護士は有力な選択肢といえるでしょう。

税の専門家である税理士で開業!

独立してビジネスを行いやすい資格としては税理士も有望な選択肢かもしれません。税理士は税の専門家として、中小企業等と顧問契約を結んで、確定申告書の作成代行を行ったり、税務相談に乗ったり、税務監査の対応を事業主に変わって行ったりすることが仕事です。顧問先をある程度獲得できれば独立して食べていくことが可能になるでしょう。ただ競合する税理士の数も多いですので、今後は独自性を打ち出していくことも求められるかもしれません。

社会保険労務士として独立し企業の人材管理をサポート

資格を取って独立することを考えている人にとっては、社会保険労務士という資格も無視できないでしょう。社会保険労務士は、労働法や社会保険に関する専門家で、主に企業と顧問契約を結び、社会保険の手続き代行を行ったり、就業規則の見直しをしたり、会社内で発生する労働問題に対するアドバイスを行ったりすることが仕事になります。企業にとって人材管理は大切な経営のポイントですが、そこをサポートできる仕事といえるでしょう。

基本情報技術者の試験で合格するために出題の傾向や細かい部分を学べる講座などを受けてみるのも良いでしょう。