司法書士試験の勉強方法!過去問題の活用方法とは?

Posted by , 2015年7月8日

司法書士試験は基準点クリアが必要

司法書士になるためには司法書士資格試験に合格する必要がありますが、かなりの難関試験だと言われています。特に司法書士試験が難しいと言われる理由の一つとして、午前の択一、午後の択一、そして記述それぞれに基準点(このラインに満たないと不合格になる)が設けられることです。どの基準点も容易に届くラインではないにも関わらず、どれか一つが届かなければ不合格になるのです。そのため、万遍なく対策をして実力をつけることが求められるでしょう。

司法書士試験と過去問題の関係

司法書士試験に合格するための勉強方法の基本は、まずは過去問題の活用です。比較的過去問題の影響度の少ない資格試験だとも言われていますが、それでも過去問題を少し変形させたものが出題されることは多く、さらに合格した人はこの過去問類似出題を確実にとっていますので、「間違ってはいけない」という位置付けで過去問題をやっておく必要があるでしょう。ある意味厳しい勉強が求められますが、過去問題そのものを覚えるのではなく、問われたテーマについてテキスト等に戻って理解をしておくという勉強方法が求められるでしょう。

試験勉強における過去問題の活用方法

過去問題の活用方法は、出題される類似問題に対応するために内容を理解をする方法以外にもあります。それは、試験形式や出題の言い回し、そして試験時間の配分に慣れておくために演習問題として活用する方法です。気持ちとしては、相当勉強が進んだ段階になってから過去問に挑戦して力試しをしたいところですが、戦うべき試験形式や時間配分は最初にイメージしておいた方が勉強には有利ですので、早めに過去問をやっておくのが有効な活用方法といえるでしょう。

司法書士に関心を持つ人が増えています。もしも司法書士の試験に合格したいなら、通信教育を利用して効率的に学習する方法が有効です。