資産運用のためになる資格とは?ファイナンシャルプランナー資格をとろう!

Posted by , 2015年7月8日

資産運用が求められる時代

デフレで物価が下がっていた時代には、自分のお金は預金に置いておけば安全に保存もできましたし、お金の価値が下がることなく、むしろ物に変えるより有利に資産価値を保全することができました。そのため、資産運用を考える必要性は薄かったのですが、物価が上がり始めたら資産運用を考える必要が出てきたといえるでしょう。ほとんど利息がつかない状態では物価上昇のスピードの速さに負けてしまい、実質的な資産価値が下がってしまうため、資産運用を考える必要があるのです。

ファイナンシャルプランナー資格とは?

資産運用をするためには経済や金融の基礎知識や、株式や債券、投資信託といった金融商品の知識を持たなくてはいけないでしょう。そういった知識を簡単に体系的に取得する資格としてファイナンシャルプランナー資格があります。FP技能士という資格は国家資格の一つでもありますが、3級から1級まであります。3級を取得するだけでも、資産運用に必要な基本的な知識を広く浅く習得することができますので挑戦してみることをお勧めします。

ファイナンシャルプランナー資格の活かし方

ファイナンシャルプランナー資格を取得することによって資産運用をする場合の基礎知識が習得できるというメリットがあるだけでなく、この資格は広く社会に認知されているため、就職や転職時に役立つ資格としても知られています。もちろん金融機関で働く場合には仕事に直結した知識を得ることになりますが、自分で自分の財産を守っていくことができるという意味で大きな意味のある資格といえるでしょう。金融商品に詳しくなるだけでなく税金や社会保険の知識を得ることもできます。

ガソリン代の乱降下で、会社の経営が動く、個人レベルでも、生活コストが跳ね上がるのでそういうときはガソリンの先物を利用すれば誰でも生活費のヘッジが出来ます。