知っておくとおかないとでは大違い!食事の席でのマナー

Posted by , 2015年7月8日

口に入れた後に箸をなめない

テーブルマナーと言うのは、しっかりと守って食事をすると、とても気持ち良く食事ができるのはもちろんのこと、おもてなしの一環にもなりますし、その場の雰囲気もしまりますから、とても大切なものです。なお、食事の席でのマナーと言うのは、ちょっとしたことも含めるとかなり幅広いものがあります。そして、そう言ったちょっとしたことが守られていないことがよくあるものです。例えば、箸で食事をした時に、口に入れた後に箸の先を舐める行為は美しいものではなく、見る人によっては不快に感じてしまうものです。

お皿を箸で引き寄せない

箸で食事をする際に、持ち方がなっていないと、それが少なからずマイナスの印象を与えてしまうことがありますが、その程度のことはかわいいものだというレベルで済むこともあります。しかし、それでは済まず、みっともないと言った印象を与えてしまう箸の取り扱い方もあります。その一つが、箸でお皿を引き寄せると言うものです。ちょっとのことを面倒くさがってしまい、ついこういった行為をしてしまうことがありますが、決して美しい行為ではありませんので、注意が必要です。

食材を突き刺して食べる

形状的な問題や食材の硬さなどの関係で、ついやってしまうのが、箸で突き刺すと言う行為です。こうした形で食べると言うのは、自分が思っている以上に幼稚に見えたり、みっともなく見えてしまうものです。食事の席で気を付けたいのは、周りから見た時の印象です。自分を客観視することで、色々なことに気付ける時があります。大事な食事の機会が控えているのであれば、テーブルの前に鏡を置いて、自分の姿をチェックしながら食事をしても良いぐらいです。

就業規則とは企業における就業上の基本ルールのことで、一定数の従業員を雇用する企業には作成することが義務付けられています。