当たり前でも難しい生徒を育てる家庭教師の3つの心構え

Posted by , 2015年7月4日

否定的な言葉を使わない

家庭教師を雇う生徒達にとって共通している考え方は自分は勉強ができないという気持ちを多かれ少なかれ持っているということです。それを克服するために自分が望んでか親の望みでか家庭教師に教わるという選択をしています。そういう生徒にとって生徒自身に対して否定的な言葉を塚たり、怪訝な態度を見せたりすることは大きなダメージになってしまいます。ときにはそれが必要になる場合もありますが、最後の手段としてしか使えないものとして普段は封印しなければならないことです。

当然のことであると誤解しない

家庭教師を行う人は生徒よりも長い学業と社会経験積んできているので当たり前だと思っていることが多すぎます。どんなに簡単に思えることであっても、生徒にとっては未知のことであったり、理解不能なことであったりすることも多く、決して常識と思っていることが常識ではありません。そういったことをあたかも当然のことであるかのように伝えてしまうと、生徒にはわからないことがわからないままになるだけでなく、自信を失わせることになってしまいます。それを察して丁寧に教えることが大切です。

当然のことを丁寧に説明しない

当然だと思っても生徒にとっては当然ではないことが多いのが事実であり、そこに関して神経質になりすぎると墓穴を掘ることになりかねません。家庭教師にとっても生徒にとっても当然という内容もあって当たり前であり、それをあたかも生徒がわかっていないかのように丁寧に説明してしまうのは生徒を侮辱することになります。できない子と思われていると自覚させてしまうことになってショックを与えてしまうことになりかねないのがこういった丁寧しすぎる指導であり、生徒の様子を見て適切な丁寧さを保たなければなりません。

子供とマンツーマンで勉強を教える家庭教師のバイトは時給も高くてさらに自分も成長できる素敵なアルバイトです。